全量買取制度を使うには10キロワット以上

以前の住宅といいますと、屋根には陶器製の瓦がのせられ、雨が流れやすいように斜めになっていることが多かったです。現在の住宅は、屋根が平らなものが多いように思います。そしてその屋上部分には、太陽光のパネルを設置してあります。住宅によって大きさは違うようですが、大きければそれだけ発電する量も増やすことが得きるでしょう。この電気については、一般家庭では余剰電力の買取が普通です。しかしそれ以外に全量買取制度があります。すべて電力会社が買い取ってくれるものです。こちらが適用されるのは、発電量が10キロワット以上でないといけないと言われています。一般的な家の屋根に設置できるのはせいぜい4キロから5キロワットぐらいと言われています。カーポート等がありそちらにも設置して10キロワットを超えるようであれば、全て買い取ってもらうことも可能です。

全量買取制度と余剰買取はどちらが得か

方法が複数あるなら、それらをシミュレーションしてできるだけ得な方を選びたいと思うでしょう。太陽光発電装置を設置した場合、電力を買ってもらえることがあります。この時の方法としては、全量買取制度と余剰分を買い取る制度がありあす。一般家庭においては後者が取られることが多いのですが、どちらのほうが得か気になるところです。損得計算においては、売電単価と買電単価が影響しそうです。現在は売電単価は共通です。買電単価は契約によって異なるかもしれません。通常は売電単価が買電単価よりも高いようになっています。そのことから考えると、全て買い取ってもらって、使った分はすべて電力会社から購入したほうが得になる事が多いようです。得になるとはいえ、これを適用しようとすると、大型の設備などを設置しなければいけませんから、負担は大きくなります。

工場があるなら屋根に全量買取制度の発電設備

製造業において、自社工場を所有しています。一階のみの平屋で、屋根は平らな状態になっています。現在は屋根の上は特に何も使っていません。もしこの平な屋根で何らかの収入が生み出せるとしたら、考えてみたいところでしょう。導入コストはあっても、運転コストなどは特に必要なければ、回収後は利益を積み上げるだけになります。方法として、太陽光発電装置を取り付けます。10キロワット以上の発電ができるとき、全量買取制度を適用してもらえます。こちらについては、20年の買取をしてもらうことができます。ある例においては、投資に5500万ほどかかるのですが、年間800万ほどの買電が行えるそうです。20年間売れば1億6千万分売れます。投資費用から差し引くと1億500万の利益になるのです。あくまでも例ですが、考えても良いと思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です