全量買取制度と余剰買取制度との違い

全量買取制度と余剰買取制度にはどのような違いがあるのでしょうか。まず余剰買取制度ですが、この場合には太陽光発電システムによって生み出されたエネルギーがまず自分の家などで使われることになっています。しかし建物内での使用量よりも発電量のほうが多い場合に限って電力会社にその電力をを売ることができるようになるというわけです。これに対して全量買取制度というのは太陽光発電システムによって生み出した電力を社内で使うということはなく、そのまま電力会社に売るということになっていますので、建物内で消費する電力にかんしては電力会社から買い取ることになります。一見すると非常に似ているこれらのシステムですが、構造そのものに違いがありますので、どちらかに移行するというのであれば、メーターの移設や追加配線工事の費用が発生してしまいます。

全量買取制度のお得な理由

電力を自家発電しているところが増えてきました。大きなリスクのある原発が問題になっているこの時期に、自然エネルギーを活用する動きは、時代の流れとして納得できることです。各家庭でも、エコ活動をと考えている人たちはたくさんいますが、やはり、その発電に伴う機材や付属品などのコストがかかってしまうので、自分の生活を不安定にしてまで、エコ活動はなかなか進められないのが正直なところです。この電力の全量買取制度は、国が固定価格を設定して10年間は買い取りを保障してくれるので、資金計画を見積もることができ、安心してエコ活動に取り組むことができます。各家庭での使用電力も違うので、一旦全量買い取ってもらえば、使用する電力分だけ支払うことができ、エコ活動を行えない家庭にもその余剰電力を使用させることで間接的にエコ活動に参加してもらっていることにな宇rと思います。

全量買取制度の魅力について

我が国では、2007年7月から開始されている産業用の太陽光発電の全量買取制度があります。これが投資家の間では注目を集めています。全量買取制度は、従来の住宅用の太陽光発電の余った分を電力会社に買い取ってもらう制度とは異なります。これは、発電した電力を自分用に一切消費することなく全部を電力会社に売ることを目的とした制度なのです。単価は住宅用の太陽光発電と同じ額であります。こういった背景があり、太陽発電事業が活性化をしています。投資家達はこうした太陽光発電事業を一つのビジネスとして捉えて、積極的にこの分野に投資をしてきています。彼らの投資家達の魅力は、確実な利回りが見込めると判断をしていることだと思います。全量買取制度は、全ての電力を売ることができるので、天候にも若干左右されますが、それでも年間の発電量を考えると相当利回り的には良い魅力的なものになっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です