良いビル管理会社を選ぶ

種類豊富なビル管理会社

ビル管理会社の取引に関して

without comments

ビル管理会社の取引に関しては、まずは管理会社が管理するビルなどをしっかりと把握していく事からそれぞれに対応をして行く必要があります。管理するビルの状況なども多くのビルの依頼を受けている業者としても、色々と不備があればそれを考えて行う必要があります。条件に見合う所で考えていけば、それぞれがビル管理を行う事で報酬を得る流れであり、より良い状況などからもまずは考えた対応を取る必要があります。まずはそう言った所を踏まえてより良い状況などから考えた対応を取る必要があり、そこもビルの管理を行う会社として色々と考えて行く事が出来るなど、条件に合った状況からもビル管理を行う事となります。ビルの不具合を素早く察知する事で対応して行くなど、ビル管理会社が安心安全の状況で作業を行う事となれば、より良い管理が行えます。

ビル管理会社にすべてを委託

ビルオーナーにとって大きな悩みと言えば、自分が所有しているビルの空室率を何とか下げたい、年々劣化が始まっているビル自体を綺麗にメンテナンスをしたい、そしてビルに何かあったらいけないので24時間ビルを守ってくれるような体制を整えたいと日々悩んでいます。悩み多きビルオーナーのために信頼できるビル管理会社にすべて委託することです。空室率を下げるように積極的にテナント募集をしてくれたり、ビルの劣化を防ぐために平日毎日ビルの清掃員を派遣してもらったり、ビルの入居者のために24時間常駐の警備員の派遣や装置を設置したり、ビルオーナーのために素晴らしいビル運営ができるようにビル管理会社がお手伝いをし、ご提案させていただきます。オーナーさんはただ自分が所有するビルをビル管理会社にお任せをして、じっと見守るのみです。

ビル管理会社の選ぶポイント

マンションなどを所有していると必ず必要になることが管理です。管理には様々な内容があり全てを賄うには膨大な時間と労力が必要になります。そんな時に非常に便利に利用しやすいビル管理会社があります。ビル管理会社はマンションなどの管理を費用を払うだけで総合的にしてくれます。管理会社は沢山存在するのでよく選ぶことが大切になります。毎月の費用だけで管理会社を選んでしまうとあとあとトラブルになるのでまずはどのような項目の管理をしてくれるか具体的に確認することが大切です。その他には毎月、毎年必要な報告を報告書類を用意し報告してくれるかなどがポイントです。管理者によって知識や対応にバラツキがあるなどもあるので契約後も確認することが大切です。空室を埋める工夫なども利益に直結することなので注目したいポイントの一つです。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

1月 18th, 2016 at 7:32 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

外壁塗装の相場をチェック

without comments

住宅や店舗の外壁がはがれてきたり、見栄えが悪くなった場合には、外壁塗装を行ったほうがよいです。そうすることによって、キレイに見えるようになりますし、グレードアップさせることができます。最近ではエコを意識した塗料も増加をしているので、そのようなものを使うことによって、冷暖房費を抑えることも可能となります。使用をする塗料によっても、施工費が異なってくるので、施工を依頼する前に相場をチェックしておくとよいです。インターネットで調べることもできますし、複数の業者に見積もりを依頼して、その上で対応可能なのかどうかということもチェックをしてみるとよいです。価格というのはとても大事なものですし、予算も決めておいたほうが高額になりすぎて困ってしまうということもなくなるので、価格のチェックというのは、とても大事です。

外壁塗装工事の相場価格を知る事も大切です

住まいの外壁は年間を通して昼夜や季節での温度や湿度の変化を受けており、また時には暴風雨を受けるなどして劣化が進行し易い部分となっています。そしてこれらの外壁塗装は徐々に劣化してゆきますので一定期間毎にリフォームを行うなどして対応する必要が有ります。この外壁塗装の工事には家全体に足場を組むなどして準備を行う必要が有りますので工事費用としてはまとまった金額になります。塗装する塗料は耐久性の高さによって値段が異なりますが、総工事費用は業者によって異なって来ますので、ある程度の相場価格を知っておく事も大切です。例えばインターネットの情報サイトでは塗装する面積などによって概算の工事費用の相場価格を調べる事も出来ますので、これらのサイトを活用して実際の見積もり費用がかけ離れていないかをチェックする事も大切です。

外壁塗装の相場価格を把握しましょう

住まいは定期的にリフォームを行う事で長い期間にわたって利用を行ってゆく事が可能となりますが、この際に建物の外壁部分は常に太陽光に晒されるなどしており、劣化の進行し易い部分となっています。住まいの外壁はパネルの上に塗装を施した仕様となっているケースが多く、この塗装が劣化する事で耐水性や防汚性などが低下して建物の保護や外観の綺麗さなどを保てなくなります。そして外壁塗装のリフォームを行う際には見積もり費用を出してもらいますが、この際には塗料に加えて建物への足場設置なども必要となります。多くの場合にはまとまった金額となりますので、総工事費用の相場価格を知っておく事も大切です。これによって工事業者の見積り金額が相場通りか或は高めの設定となっているかを知る事が出来ます。そして相見積や値段交渉の材料にする事も出来ます。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

9月 4th, 2015 at 9:32 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2011年に地デジアンテナ工事を頼んでみた

without comments

性格がずぼらなせいか、2011年以前にテレビのコマーシャルなどで地デジへの切り替えを促す内容の放送をしていたときも、まだ時間は十分にあるからと一向にアナログから地上デジタル放送へ切り替えようとはしませんでした。もちろん、性格のもんだいもあるのですが、それだけではなく、その頃はまだ収入がそれほどは安定した生活を送ってはおらず、まずは収入は真っ先に生活費へと消えていき、地上デジタル放送対応のテレビなどを購入する余裕があまりなかったのです。しかし、いざ、地上デジタル放送切り替え目前に迫ったとき、やっと重い腰を上げて電気屋さんに電話をして地デジアンテナ工事を頼みました。やはり、同じように直前になって工事を頼む人が多かったようで、順番待ちが長くて、工事は3週間後になってしまうといわれました。もちろん、今、工事を頼んでもそんな長い時間がかかることはありませんが。

地デジアンテナ工事は業者に頼むのがベストです

地上波の放送がアナログからデジタルに変更されてから、大分年数が経ちました。あちこちの家の屋根を見ても、地上デジタル放送のUHFアンテナばかり目につくようになっています。従来の地上アナログ放送のアンテナはVHFアンテナが用いられていましたが、地上デジタル放送のアンテナはUHFアンテナを用いるようになっています。UHFアンテナはVHFアンテナよりも素子の長さが短いので、アンテナを設置する時の工事も楽になっています。ですからこれから地上デジタルアンテナを設置しようというお考えの方がいらしたとしたら、ご自分で設置する事も可能だと言えるのです。ただ地デジアンテナ工事は高所で作業する事が多いですから、出来るからと言って一般の人がやると、転倒や落下などで思わぬけがをする恐れがあります。ですからやはり地デジアンテナ工事は、専門の業者にお任せするのが、一番無難だと言えるのです。

地デジアンテナ工事を知らなかった友人

アルバイトなどで生計を立てていた友人が地上デジタル放送の切りかえの期間に一番戸惑ったことというのは、地デジを受信するためには、電気屋さんなどに頼んだりして、地デジアンテナ工事をしてもらわなければならいことを知ったときだったそうです。その友人は、アルバイトで生活費などをまかなっているだけあって、あまりお金にゆとりがなく、地上デジタル放送対応のテレビを買うことはできず、その代わりに、比較的安価で購入することができるデジタルチューナーをアノログのテレビに取り付けていました。しかし、それを取り付けてみても一向に番組は映りません。そのときになって初めて工事を依頼しなければならないということに気づいたのだそうです。あまり金銭に余裕はなかった彼も、テレビが映らなくなるよりましと、貯金を使い工事をたのみ、無事に番組を観れるようになったそうです。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

6月 2nd, 2015 at 3:00 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全量買取制度を使うには10キロワット以上

without comments

以前の住宅といいますと、屋根には陶器製の瓦がのせられ、雨が流れやすいように斜めになっていることが多かったです。現在の住宅は、屋根が平らなものが多いように思います。そしてその屋上部分には、太陽光のパネルを設置してあります。住宅によって大きさは違うようですが、大きければそれだけ発電する量も増やすことが得きるでしょう。この電気については、一般家庭では余剰電力の買取が普通です。しかしそれ以外に全量買取制度があります。すべて電力会社が買い取ってくれるものです。こちらが適用されるのは、発電量が10キロワット以上でないといけないと言われています。一般的な家の屋根に設置できるのはせいぜい4キロから5キロワットぐらいと言われています。カーポート等がありそちらにも設置して10キロワットを超えるようであれば、全て買い取ってもらうことも可能です。

全量買取制度と余剰買取はどちらが得か

方法が複数あるなら、それらをシミュレーションしてできるだけ得な方を選びたいと思うでしょう。太陽光発電装置を設置した場合、電力を買ってもらえることがあります。この時の方法としては、全量買取制度と余剰分を買い取る制度がありあす。一般家庭においては後者が取られることが多いのですが、どちらのほうが得か気になるところです。損得計算においては、売電単価と買電単価が影響しそうです。現在は売電単価は共通です。買電単価は契約によって異なるかもしれません。通常は売電単価が買電単価よりも高いようになっています。そのことから考えると、全て買い取ってもらって、使った分はすべて電力会社から購入したほうが得になる事が多いようです。得になるとはいえ、これを適用しようとすると、大型の設備などを設置しなければいけませんから、負担は大きくなります。

工場があるなら屋根に全量買取制度の発電設備

製造業において、自社工場を所有しています。一階のみの平屋で、屋根は平らな状態になっています。現在は屋根の上は特に何も使っていません。もしこの平な屋根で何らかの収入が生み出せるとしたら、考えてみたいところでしょう。導入コストはあっても、運転コストなどは特に必要なければ、回収後は利益を積み上げるだけになります。方法として、太陽光発電装置を取り付けます。10キロワット以上の発電ができるとき、全量買取制度を適用してもらえます。こちらについては、20年の買取をしてもらうことができます。ある例においては、投資に5500万ほどかかるのですが、年間800万ほどの買電が行えるそうです。20年間売れば1億6千万分売れます。投資費用から差し引くと1億500万の利益になるのです。あくまでも例ですが、考えても良いと思います。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

12月 26th, 2013 at 1:47 am

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全量買取制度と余剰買取制度との違い

without comments

全量買取制度と余剰買取制度にはどのような違いがあるのでしょうか。まず余剰買取制度ですが、この場合には太陽光発電システムによって生み出されたエネルギーがまず自分の家などで使われることになっています。しかし建物内での使用量よりも発電量のほうが多い場合に限って電力会社にその電力をを売ることができるようになるというわけです。これに対して全量買取制度というのは太陽光発電システムによって生み出した電力を社内で使うということはなく、そのまま電力会社に売るということになっていますので、建物内で消費する電力にかんしては電力会社から買い取ることになります。一見すると非常に似ているこれらのシステムですが、構造そのものに違いがありますので、どちらかに移行するというのであれば、メーターの移設や追加配線工事の費用が発生してしまいます。

全量買取制度のお得な理由

電力を自家発電しているところが増えてきました。大きなリスクのある原発が問題になっているこの時期に、自然エネルギーを活用する動きは、時代の流れとして納得できることです。各家庭でも、エコ活動をと考えている人たちはたくさんいますが、やはり、その発電に伴う機材や付属品などのコストがかかってしまうので、自分の生活を不安定にしてまで、エコ活動はなかなか進められないのが正直なところです。この電力の全量買取制度は、国が固定価格を設定して10年間は買い取りを保障してくれるので、資金計画を見積もることができ、安心してエコ活動に取り組むことができます。各家庭での使用電力も違うので、一旦全量買い取ってもらえば、使用する電力分だけ支払うことができ、エコ活動を行えない家庭にもその余剰電力を使用させることで間接的にエコ活動に参加してもらっていることにな宇rと思います。

全量買取制度の魅力について

我が国では、2007年7月から開始されている産業用の太陽光発電の全量買取制度があります。これが投資家の間では注目を集めています。全量買取制度は、従来の住宅用の太陽光発電の余った分を電力会社に買い取ってもらう制度とは異なります。これは、発電した電力を自分用に一切消費することなく全部を電力会社に売ることを目的とした制度なのです。単価は住宅用の太陽光発電と同じ額であります。こういった背景があり、太陽発電事業が活性化をしています。投資家達はこうした太陽光発電事業を一つのビジネスとして捉えて、積極的にこの分野に投資をしてきています。彼らの投資家達の魅力は、確実な利回りが見込めると判断をしていることだと思います。全量買取制度は、全ての電力を売ることができるので、天候にも若干左右されますが、それでも年間の発電量を考えると相当利回り的には良い魅力的なものになっています。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

12月 26th, 2013 at 1:22 am

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

固定価格固定全量買取制度とは

without comments

2012年7月1日より施行されている固定価格固定全量買取制度とはどのような制度になるのでしょうか。これは事業所などの非住宅で太陽光発電システムを導入した場合に、発電した電力全てを電力会社に売却することができるという制度になります。これまでは自分の事務所などで利用して余った電力だけを売却できるというものでしたが、全額売却することができるようにすることによってより収益が得られるというのが特徴にもなっています。ちなみに気になる平成25年度の買取価格は37.8円/kWh(税込)で20年有効になっています。この価格というのは調達価格等算定委員会によって決められることになっていますが、価格は年とともに下がっていくであろうとみられており、事業側としては早急に太陽光発電システムを設置することが利益のためには重要だといわれています。

全量買取制度のメリット

全量買取制度というのは10kW以上の太陽光発電設備を設置する事業などに適応される制度になっていますが、太陽光発電システムによって生み出された電力を全額、電力会社に売ることができる制度のことです。メリットはたくさんありますが、なかでも大きいものとして全額売却できるという点を挙げることができるでしょう。現在一般家庭での太陽光発電システムの場合がそうですが、これまでは太陽光発電システムによって生み出された電力はまず自分たちで使って、あまった電力のみが買取対象になっていました。しかしこれからは生み出された電力すべてを売ることができますので、収益を得やすくなったというのは大きなメリットでしょう。さらに注目できるのが20年間固定料金で買い取ってもらうことができるということです。設置してから買取価格が下がるという心配がありません。

大企業も利用している全量買取制度

太陽光発電システムによって生み出された電力をすべて買い取ってもらえるという全量買取制度ですが、大企業などもその設置に力をいれているといわれています。例えばイケアやヤマダ電機、ローソン、セブンイレブンなどがその一例になっていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。まずは金銭的メリットというものがあります。20年の固定買取価格になっていますので、設置後に価格が下がってしまって損をしてしまうというようなリスクがありません。また大企業の場合には企業イメージの点でも大きなメリットがあります。最近では環境にやさしいということやエコということが企業戦略における大きなテーマになっていますが、企業として太陽光発電システムの設置を行っているというのは企業によっても良いイメージを演出することができるというわけです。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

12月 26th, 2013 at 1:18 am

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

太陽光発電の全量買取制度

without comments

僕は以前から太陽光発電にとても興味があって色々な人に話を聞いたり自分で調べたりしていました。何故興味を持ったかと言うとやはり電気の買取という部分に引かれたからです。実際に太陽光のパネルを自宅に付けている友人達に話を聞くと、電気を買取ってもらえると思うと毎日の暮らしの中に楽しみも出来てさらに収入にも繋がるので付けて良かったと言う声を非常によく聞きます。さらに太陽光パネルを設置している業者の方にも話を聞いた所最近は設置する家庭が増えているらしく忙しいと聞きました。また、電気の買取での収入を考えている方には全量買取制度というのがあるので一度調べておくとよいと思われます。付け加えて、電気の買取価格は最初に契約をした時の値段でずっと買取って貰うようになるようなのでもっと普及する前になるべく早く設置する事をオススメします。

太陽光発電で全量買取制度利用して電気を売ること

自宅に太陽光発電を設置しているご家庭は最近とても多いですし、震災以降はとても増加傾向にあります。計画停電なども実地され、電気の重要性も実感しましたし、かなり大変な時期を経験しました。また、太陽光発電は人気もありますし、長く使用することができるので、多くの方が自宅の屋根に設置しているケースも多々あります。まとまった費用が必要になりますので、設置するのも大きなお金が必要になりますし、かなり大変になります。また太陽光発電で作られた電気で余った分は全量買取制度を利用して買い取ってもらうことができますので、余った電気を売ることもでき、かなり便利です。やはり少しでも収入になりますと、無駄無く暮らして行けますし、電気は各家庭において必要な物ですので、需要も多々あります。全量買取制度は今後も益々需要も多くなるでしょう。

全量買取制度の普及で太陽光発電を設置すること

最近は全量買取制度など盛んに話題に取り上げられていますし、注目している方も多いです。やはり東日本大震災以降は多くの方が電気の重要性、自分で電気を作ることができる太陽光発電の重要性なども十分わかってきました。やはり多くの方が太陽光発電を設置したいと思っていますが、やはり費用がかなり必要になりますので、設置するかどうか迷うケースも多々あります。全量買取制度も普及していますし、話題になることも多々ありますので、色々と調べ、自宅で出来た電気、余った電気をどう活用するか、シッカリ検討することも重要です。やはり今度、電気の需要は大きく伸びて行きますし、全量買取制度を利用して売る側も増えていきますので、太陽光発電を設置するケースも多いです。自然と調和して、環境にも優しい太陽光発電は人気がありますし、話題になっています。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

12月 26th, 2013 at 1:16 am

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電力の全量買取制度で増えたメガソーラー

without comments

太陽光発電や風力発電などで発電された電力の全量買取制度が去年あたりから始まっています。とくに太陽光発電の電力の売電価格は1キロワットあたり45円と高めに設定されたために、日本の各地でメガソーラーの建設が進んできました。メガソーラーで発電した電力はすべて電力会社で買い取ってもらえることから、採算が合うとみた企業の新規参入が相次いでいます。日本でも多くのメガソーラーが建設されている地域に北海道があります。北海道は広大な土地があるため、メガソーラーの建設に適しています。また、北海道ではメガソーラーを建設する事業者に補助金が出る制度を設けていることから、事業者が前向きに進出している状況があります。自然エネルギーの全量買取制度が実行されたおかげで全国にメガソーラーが増えてきていますが、今後はメガソーラー用の用地をどのように確保するかが課題となってきそうです。

全量買取制度は良いと思います

エコへの取り組みが盛んになってきていて個人宅でも色々と取り組んでいる人が増えています。個人宅での取り組みはエコと同時に光熱費の節約にもなりますし上手に使えば収入を得ることもできます。収入を得るためにあるのが全量買取制度です。自宅で発電したエネルギーを買ってもらえるので収入になりますし買取価格も良いと聞いたことがあります。自宅で何か特別なことをしなくても太陽光パネルなどを設置して発電するので設置する際にやらなければいけないことはありますがそれ以外は特に何もしなくても良いのでとても楽だと思います。楽をしてエコができて収入も得られるのですからお得だと思います。発電したエネルギーを買ってもらえるのですからこれからは利用する人も増えるでしょうからエコにも効果的です。もっとこのような制度が増えていけばそれぞれのエコへの取り組みも熱心になると思うのでとても良いことです。

全量買取制度で太陽光発電が活発になりました。

全量買取制度が本格的に動き出すことで、太陽光発電の普及が進んでいます。電力会社が自宅で作った電力を買い上げてくれるからです。太陽光発電は、次世代の電力として大変注目を集めています。全量買い取りが出来る用になり、普及は大幅に進むようになりました。施工にも補助金が出ます。設備投投資費を考えても、その後の電力量を考えると差額で儲かるようです。自分の家庭の電力を自宅の太陽光発電で賄えるだけでなく、そこで出来た昼間の電気を買い取ってくれるのです。電力会社から電気を購入するのと逆に販売するのことの差額を考えると、年間かなりの電力が購入されるようです。太陽光発電だけの街なども登場しています。地球環境にも優しく、空気を汚すことが無いので、今後益々発展すると思います。地球にも負担を掛けない電力だと考えるのです。

環境衛生管理から、設備管理や清掃管理、保安警備とマンション管理工事まで、ビルの管理をトータルにサポートします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社ならトータルサポートの東和

Written by admin

12月 25th, 2013 at 12:36 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)